住み放題、引っ越し放題のサブスク一覧

ADDress 44,000円
/月額
-
0件 × × 有り × 料金に含む 料金に含む × 施設による 施設による
HafH 16,000円
/月額
-
0件 × 無し × 料金に含む 料金に含む × × 施設による × × 施設による
unito 31,500円
/月額
-
0件 × × 有り × 料金に含む 料金に含む × 施設による × 施設による × × 施設による 施設による
wataridori 50,000円
/月額
-
0件 × 無し × 料金に含む 料金に含む × × 地域による × ×

おすすめ!住まい・住居サブスクの比較ガイド!2021年最新版

今やオンラインでさまざまなことが完結できる時代。リモートワークも盛んになり、通勤や通学の都合にとらわれず家を選べるようになってきました。そこで注目されているのが、いろいろな住居に定額で住むことのできる「住まいのサブスク」。

このページでは、住まいのサブスクの特徴を比較し、あなたに合った住居を選ぶお手伝いをします。

サブスク型の住居ってどんなもの?賃貸とは違うの?

通常、家を借りるときは、賃貸契約を結び、家賃のほか敷金や礼金などさまざまな費用や手続きが必要となります。一方サブスク型住居とは、日本あるいは世界中にあるゲストハウスやホテルなどに、定額で住むことができるサービスで、敷金や礼金などは必要ないことが多いです。

たとえば、「ADDress」というサービスであれば、日本全国にあるADDress物件に住み放題で、途中で何度別の家に移動してもOK。月に数日だけ地方の家で仕事をしたり、全国を転々としながら暮らしたりすることも可能です。

電気やガスなどの水道光熱費やネット回線の支払いはどうするの?自己負担なのかな…

サブスクによっては、定額料金に水道やガス、電気代が含まれている場合があります。一般的な賃貸のような家賃や水道光熱費など、こまごましたものの支払いの必要ありません。

さらに、ネット回線やwi-fiが完備されている住居であれば、リモートワークをする場合も不便はありません。

自炊したいのだけど、冷蔵庫や調理器具は用意されているの?

住居によりますが、冷蔵庫や電子レンジ、鍋や包丁といった調理器具など、用意されていることは多いです。また、洗濯機や乾燥機、ドライヤーなど生活に必要なものも充実しています。

一方、バスタオルや歯ブラシなどのアメニティ類は、自分で用意する必要があるケースも多いので、設備については事前に確認しましょう。

サブスク型住居はどんな人が利用しているの?

リモートワークができる職業の人が、平日は仕事場で休日は自然の中で過ごすためであったり、定年後に全国各地をめぐったり憧れの田舎暮らしをしたりするのに利用するなど、さまざまな目的でサブスク型住宅は利用されています。

一般的な宿泊施設のように1泊ごとに費用がかからないため、お得に宿泊ができるので、長期出張の際の宿として利用する方法もありますよ。

普段は自分ひとりだけど、週末は家族や友人と一緒に過ごすことはできる?

サブスクによっては、同伴者も無料で滞在できる場合があります。二親等以内の家族や固定のパートナーであれば、追加料金なしで個室が利用できるサブスクもあり。

平日はひとりで暮らし、週末は家族や友人を呼んで一緒に過ごすことも可能です。

どんな家や場所に住めるの?海の見える家にあこがれているのだけど。

提携する宿泊施設の個室や、別荘や空き家をリノベーションした家、古民家など、広さも雰囲気も異なる家がそろっています。なかには温泉付き住居も。

立地も海の目の前であったり商店街の中であったりとさまざまなので、ご希望の環境に合わせて住む場所を選べます。サーフィンや釣りなど、その土地ならではのアクティビティも楽しみやすいですね。

地域になじめるか不安…。地域の人と交流できる機会はあるの?

知らない土地での生活であれば、不安や不便なことも多いはず。そんなときは管理人やコンシェルジュなどに相談すれば、その土地のルールだけでなく、名物やお店を教えてもらえるかも。

また、現地の人達との交流を通じて、農業体験などその地域ならではの体験をしてみるのもおすすめです。

サブスクを利用するにはどうすればよいの?手続きは難しくないの?

家に関する契約は難しいイメージがありますが、住まいのサブスクはとてもかんたん。多くのサブスクはホームページから手続きが可能です。まずは会員登録を行い、住みたい家をさがして、空室があれば希望の日にちや日数を入力して予約完了。

その後サービス管理者からの連絡を待ち、費用の支払いなど各手続きが完了すれば新しい生活のスタートです。

賃貸を解約して、サブスクの住居にずっと住むこともできるの?

サブスクによっては可能です。決まった家をずっと利用する場合、専用ドミトリ持てる場合があります。住む条件やプランによっては、住民票登録も可能です。

家にいない日が多いのだけど、不在日分の家賃を抑える方法はある?

家にいない日は、誰かに家をシェアすることで料金が値下がりするサブスクもあります。出張や外泊の多い人におすすめ。

通常の賃貸では、家にいても留守でも同額の料金が発生しますが、賃貸料を安く抑えたい人はサブスクを利用してみるのも手でしょう。

いきなり知らない土地で暮らすのは不安。お試し滞在はできるの?

サブスクによっては、短期滞在プランが用意されている場合があります。1泊から利用ができる住居もあるため、まずは旅行感覚で宿泊してみては。

住居の状態や雰囲気、地域の様子などを確かめてから契約をすると安心ですね。

それではあなたにピッタリの住まい・住居サブスクでハッピーなサブスクライフを!