2021年最新!おすすめの傘サブスクを18項目で比較してみた

280円
/月額
  • もう、カサを持ち歩かない生活を
  • ビニール傘を買うより安い!
  • カサをシェアして、ビニール傘の使い捨てを解決
-
0件 なし × なし アイカサスポットと呼ばれる設置場所で、傘をレンタルすることができる 2本まで 駅、オフィスビル、大学、商業施設など Webページ、もしくは、アプリ LINE Pay、auかんたん決済、d払い、ソフトバンクまとめて支払い アプリのマイページより手続き マイページより申請。紛失手数料864円。

傘のサービス

おすすめ!傘サブスクの比較ガイド!2021年最新版

出かけ先で雨が降って来てしまった時、そのたびにコンビニなどでビニール傘を購入する人も多いと思います。「ビニール傘が家に溜まってしまうのも煩わしい」「常に折りたたみ傘を持つのも面倒」そんな人も多いのではないのでしょうか。

今回紹介するのは、傘を持ち歩かない生活をしたいという人にピッタリのサブスクです。このページでは、必要な時だけ傘が定額で使い放題のサブスクの特徴を比較し、あなたに合ったサブスクを選ぶサポートをします。

傘のサブスクってどんな仕組みのサービスなの?

傘のサブスクとは、街の駅や店頭などに傘立てがあり、そこから傘を借りて(レンタルして)、使わなくなったら返すサービスです。

指定の設置場所に返せばよいので、借りた場所ではなく、別の場所での返却もできます。設置場所などはアプリなどから確認できますが、まだサービス対象のエリアは限られています。

傘のサブスクができるエリアは?設置場所はどこにあるの?

設置場所は、駅、商業施設、飲食店、コンビニなどにあります。詳しい設置場所については、インターネットやアプリから確認できます。

現在は、関東圏を中心に設置されているようですが、サービスエリアは日本全国に拡大中とのことです。

どうやって傘を借りることができるの?

利用するサブスクやエリアによって、傘の借り方が異なります。

主なレンタル方法としては、アプリを起動し、傘立ての設置場所でQRコードをスキャンすると、傘立ての鍵が開くシステムになっており、傘の受け取りができます。もしくは、アプリに暗証番号が送られてくるので、入力することで鍵が開くシステムもあります。

どうやって傘を返却したらいいの?

利用するサブスクやエリアによって、傘の返し方が異なります。

主な返却方法としては、アプリを起動し、傘立ての設置場所でQRコードをスキャンすると、傘立ての鍵が開くシステムになっており、傘の返却ができます。もしくは、QRコードをスキャンした後、傘立てにかけて返却するシステムもあります。

近くの設置場所を検索する方法はあるの?

専用のアプリのマップから、近くの設置場所を検索できます

駅名やエリア名、建物名などで、設置場所を検索できる機能もあります。しかし、現在は対象エリアが限定されていますので、登録前に近くに設置場所があるのか確認しておきましょう。

支払い方法が気になる。いくつか方法はあるの?

サブスクで異なりますが、傘サブスクで代表的な「アイカサ」では、クレジットカード、LINE Pay、auかんたん決済、d払い、ソフトバンクまとめて支払いが対応可能です。支払方法を途中で変更することもできます。

もしも、傘が壊れたらどうしたらいいの?

傘は、雨風などの影響や経年劣化により、レンタル途中で壊れてしまう可能性もあると思います。そんな時には、別の傘をレンタルしてください。

その後、サブスクを提供する企業まで連絡することで、レンタル履歴を修正できます。

傘が返却できないエリアに来てしまった。どうしたらいいの?

傘を借りたまま移動することで、返却外エリアに入ってしまうケースもあります。そんな時には、返却できるタイミングで設置場所に返却するようにしましょう。

料金については、サブスクを提供する企業まで連絡することで、連絡した本日付けで処理を行います。

傘が盗まれたり、盗難されたりしたら、どうしたらいいの?

傘を借りている途中で、盗難被害に遭った場合には、サブスクを提供する企業まで連絡しましょう。

盗難されたと思われる場所、日時、状況などを報告することで、企業から警察宛に連絡が取られます。

使っていて、傘を紛失してしまった。どうしたらいいの?

傘を紛失してしまった場合は、紛失手数料がかかります。サブスクで異なりますが、傘サブスクで代表的な「アイカサ」では、864円(税込)が手数料として負担となります。

シェアリングしている傘なので、紛失しないように十分に気を付けましょう。

それではあなたにピッタリの傘サブスクでハッピーなサブスクライフを!