// GoogleOptimize 2022年版!ホテルや旅館が泊まり放題(宿泊し放題)のサブスク(月額・定額)を比較するならサブヒカ

2022年版!ホテルや旅館が定額で泊まり放題のサブスクを16項目で比較してみた

リンク
公式HP 詳しく 9,000円
/月額
  • 全国の登録ホステルが泊まり放題

  • 月額15,000円~ダントツ料金が安い!

  • 出張や福利厚生として利用できる法人プラン

無し 1カ月 × 38 有り(プランによる) ○(プランによる) × 施設による コワーキングスペースなど(施設による) × 1泊 ○(プランによる)
リンク

おすすめホテル・旅館サブスクの比較ガイド!2022年最新版

旅行・出張などでホテルや旅館によく宿泊する方にとって、宿泊費は結構痛い出費ですよね。実は近年、ホテルや旅館に通常よりもお得に泊まれる定額制のサービスが続々登場しているんです!

このページでは、ホテルや旅館に定額で宿泊できるサブスクから、あなたにピッタリなサブスクを比較して選ぶお⼿伝いをします。

ホテル・旅館の サブスクってどんなサービス?

ホテル・旅館のサブスクとは、毎月定額料金を支払うことにより、ビジネスホテルやリゾートホテル・旅館などに好きなだけ泊まれる、サブスクリプション式の定額サービスです。

サブスクによって泊まれるホテルの場所や種類はさまざまで、24時間いつでも利用可能なものや、昼間の間のみ利用できるもの、1週間限定、1ヵ月泊まり放題など、タイプもいくつかあります。

ホテル・旅館のサブスクではどんなホテルに泊まれるの?

ホテル・旅館のサブスクでは、ゲストハウスやドミトリー・個室タイプのホステル、ビジネスホテルのほか、シティホテルやリゾートホテル、高級ホテル、旅館などさまざまなタイプのホテルに宿泊することができます。

サブスクによっては、ゲストハウスやホステルのような簡易宿泊施設のみ対応という場合もあるため、申し込み前に対象ホテルをしっかり確認するようにしましょう。

ホテル・旅館のサブスクはどういう目的で使われることが多いの?

ホテル・旅館のサブスクは、レジャーや観光だけでなく、テレワークの普及により増えつつあるワーケーション、家を持たないホテル暮らし、仕事場を転々とするノマドワーカーなど、さまざまな目的で使用されています。

目的に応じて選ぶサブスクも変わるので、事前に使用目的をはっきりさせておくことが必要です。

ホテル・旅館のサブスクにはどんな種類がある?

ホテル・旅館のサブスクには、大きく分けて3つの種類があります。

1つ目は、日本国内にある複数のホテルに定額で泊まれるもの。2つ目は、日本国内にある1社のホテルの系列ホテルに定額で泊まれるもの。3つ目は、1ヵ月単位でホテルを借り、住居のように住めるものです。

ホテル・旅館のサブスクは何を基準に選んだらいいの?

まずは、ワーケーションやノマドワーカーのように仕事で利用するのか、旅行や長期休暇で利用するのかなど、どんな目的でホテル・旅館のサブスクを利用するかで選びましょう。その上で、自分が利用したい地域に、サブスクの対象ホテルがあるかどうかで選ぶのがおすすめです。

選択肢が多い場合、シティホテルや旅館・ホステルなどホテルのタイプや、サブスクの料金内で受けられるサービスなどを基準に選ぶと絞り込みやすくなります。

サブスクの対象地域は決まっている?地方でもOK?

サブスクにより対象地域は異なります。例えば、日本全国に宿泊対象ホテルがあるサブスクは、東京はもちろん、関西地方や北海道、沖縄などの有名な観光地や長野や静岡などの東海・中部地方、広島や愛媛などの中国・四国地方、福岡や熊本などの九州地方など、地方にも宿泊することが可能です。

一方で、都内のホテルのみなど、利用地域が限られているサブスクも中にはあります。

サブスクを利用すると、宿泊以外にどんなサービスが受けられる?

一部のサブスクでは、通常にホテルへ宿泊するのと同じ様に、清掃やリネン交換、ルームサービスなどのホテルのサービスを利用することが可能です。

中には専属のサービスアテンダントによるおもてなしや、ホテル内にあるフィットネスやプール・サウナなどの施設が無料で使用できるサブスクも。さらにオプションで、ルームサービスやランドリーサービスのサブスクを追加できるホテルもあります。

ホテル・旅館のサブスクが向いている人は?

ホテル・旅館のサブスクに向いている人は、旅行が好きな人や、出張が多い会社員など。また、テレワークの普及により在宅勤務を行っている方や、全国各地を巡りながら仕事をするノマドワーカーにも向いています。

通勤や通学の時間を短縮したい方、家賃や光熱費の支払いを減らしてホテルで暮らしたい方などにもおすすめですよ。

サブスクを利用するメリット・デメリットが知りたい

ホテル・旅館のサブスクのメリットは、なんと言っても定額料金でホテルや旅館に宿泊できること。外泊が多い方は、通常に宿泊するよりもお得に利用することが可能です。また、国内に複数対象ホテルがあるサブスクなら、旅行気分でいろいろな宿泊施設を利用できますよ。

デメリットは、サブスクによってはアメニティなどがなかったり、他の宿泊者と相部屋になったりしてしまうことも。ホテルを住居にと考えている方は、住民票の登録をどうするかなども考えなくてはなりません。

ホテル・旅館のサブスクを利用してみたい!手続きは簡単?

多くのサブスクは、インターネット上で簡単に利用手続きをすることができます。なお、一部サブスクでは、予約前に事前面談やオンライン説明会に参加する必要があるので注意が必要です。

また、人気のサブスクは利用可能人数が限られており、抽選や先着順ということもあるため、申し込みを行う前に必ず確認しておきましょう。

それではあなたにピッタリのホテル・旅館サブスクでハッピーなサブスクライフを!

ホテル・旅館のサービス