2021年最新!おすすめのスポーツジムサブスクを23項目で比較してみた

10,340円
/月額
  • あなたにピッタリな運動を始めよう!
  • 女性が選ぶフィットネスクラブ利用率2020年度第1位
  • 業界最大手、レッスンもマシーンの充実
4.0
2件 × 1ヶ月 40年以上の実績を誇り、結集したノウハウで目的に合わせてサポート 1,100円(会費、会員証発行手数料)、3,300円(登録料)など プランにより可能 プランにより可能 お風呂やサウナ ×
6,590円
/月額
  • どの店舗で入会しても全国300店舗以上が使える
  • 初心者でも安心のスタート
  • フィットネスをもっとエンジョイ
-
0件 - 3ヶ月 使いやすい施設とマシーン、充実したスタジオプログラムなどが魅力 2,200円(入会金)、3,300円(登録事務手数料) 店舗により異なる × 〇※店舗による お風呂やサウナ 女性専用ヨガスタジオ 店舗により異なる
15,180円~
/月額
  • 清潔感溢れるスペースに充実したマシーンがズラリ
  • 個人に合わせた月会費プランが豊富
  • 水素水飲み放題、タオルやロッカーのレンタルなど、嬉しいオプションも
-
0件 - - 施設でのトレーニングにとどまらず、ビーチヨガや富士山登山、マラソン大会などを開催。会員・非会員問わずに参加できる場所を提供 5,500円(事務手数料) 店舗により異なる 店舗により異なる 店舗により異なる 店舗により異なる 店舗により異なる 店舗により異なる 店舗により異なる 店舗により異なる
66,000円~
/月額
  • キャンセル料がかからないので、急なドタキャンもOK
  • 貸出し無料だから手ぶらで参加できる
  • 2種類のプロテインが無料で飲める
-
0件 - × - × 高級感のある隠れ家ジムで、トレーナー(有資格者)がマンツーマンで指導。無料でキャンセル可能で、プロテインも無料。 30,000円 - - - - - - - - -
7,678円~
/月額
  • 9?22時まで卓球を楽しみたい放題!
  • 年代や体調に合わせてメニューを選択できる
  • 適度な有酸素運動でストレス解消
-
0件 ‐※無料体験あり × - × 卓球マシンを活用し、有酸素運動を実現。予約不要で何時間でも利用可能。 3,300円 × × × × × × 卓球台、マシン × - - -

おすすめ!スポーツジムサブスクの比較ガイド!2021年最新版

ダイエットや健康維持のために「ジムに行きたい」と考えていても、フィットネスジムのサブスクは種類が豊富なため、選び方に迷われている方もいらっしゃると思います。

このページでは、スポーツジムが定額で通い放題のサービスについて、特徴を比べ、あなたにあったサブスクリプションを選ぶお手伝いをします。

スポーツジムが定額で通い放題のサブスクってどういうもの?

スポーツジムのサブスクは、月々決まった利用料金を支払うだけで通い放題だったり、トレーナーから指導を受けられたりするため、お得に長く続けられるのが特徴的です。

定額にもかかわらず、充実したトレーニングや食事指導などを受けられるサブスクもあります。また、カフェを併設していたり、卓球に特化していたりとバラエティー豊かなサブスクもあり、多彩なメニューで飽きさせません。

月額どれくらいかかる?入会金やそのほかにも費用はかかる?

大手スポーツジムであれば、月額10,000~16,000円ほど。そのほかにも、安いところは月額約3,000円、パーソナルジムを月額制で利用できる東京のスポーツジムでは月額約88,000円となっています。

入会金や会員カード発行料などかかることが多いですが、キャンペーンで0円となることも。「ジムにしっかりと通いたい」と考えている方にサブスクはおすすめです。

どんなトレーニングをするの?初心者や女性でも利用しやすい?

ボディメイクや健康維持など、それぞれの目的にあわせたトレーニングを行うところがほとんどです。

また、トレーニングマシーンを使うときに専属トレーナーが指導してくれたり、レディースエリアが用意されていたりするため初心者や女性でも安心です。キャンセル料がかからないところもあり、続けやすいと言えます。

ついてくれるトレーナーはどんな人?ジム初心者で恥ずかしいから不安…

サブスクによっては、指導を接客と考えて、一人ひとりとコミュニケーションをしっかりと取りながらトレーニングを行ってくれるトレーナーがついています。また、フィットネスの資格を取得しているトレーナーもいるため、本格的にトレーニングを行いたい方はもちろん、ジム初心者の方へのケアも期待できます。

筋トレに適した器具が置いてあるか気になる!サブスクにはどんな設備があるの?

ダンベルやストレッチポール、パワープレートなど、すべての部位をトレーニングできるマシンを用意しているサブスクもあります。

また、卓球マシンを取り入れたトレーニングを行うところもあり、サブスクによってさまざまです。自分がどの部位をトレーニングしたいのかを考えながら選ぶと失敗が少ないでしょう。

体を鍛えるトレーニングのほかに、どんなサービスがあるの?

サブスクのなかには、ジムやヨガスタジオ、プールなどでのトレーニングとあわせて、食事管理やプロテイン無料配布が含まれているところもあります。ボディメイクをトータルでサポートしてくれるのが特徴です。

さらに、サブスクによっては温泉施設やエステを併設しているところもあり、リラクゼーション方法としても適していると言えます。

スポーツジムの選び方に迷ったら?選ぶポイントを教えてほしい。

「通いやすい立地にあるか」「スタッフの対応はどうか」「自分に必要な設備は整っているか」を判断基準として選んでみてください。

また、ジム初心者におすすめかは、口コミ評価を見るのもひとつの方法です。24時間ジムを利用できるか営業時間で選ぶ選び方も良いでしょう。ジムの支払いは現金払いか口座かもチェックしておくと安心です。

通学通勤のときに通いたいけど、自分のウェアやシューズなどはジムに保管できる?

サブスクによっては、有料のロッカーを設置しているところもあり、入会のときに契約することで利用可能です。

また、サブスクによってはトレーニングに必要なウェアやシューズ、タオル、靴下、ミネラルウォーターを用意しているところも。さらに、シャワー用・パウダールーム用のアメニティまで充実した設備のところもあるため、手ぶらで通うこともできます。

見学や体験に行きたい!どうすればいいのか教えてほしい。

見学や体験を歓迎しているサブスクがほとんどです。電話やLINEなど、店舗ごとの連絡方法で予約を取ってください。予約時に必要な持ち物を伝えてくれるため、案内の通りに準備を行い、当日を迎えましょう。

サブスクによって無料のカウンセリングを行っている場合もあるため、自分の体の状態を把握したいという方にも体験はおすすめです。

入会の年齢制限はある?また、休会や退会はどうなっているの?

サブスクによって年齢制限を設けているところがありますが、未成年の場合は保護者の同意があれば入会可能です。また、持病を持っている方の場合は、トレーニングや食事管理などの指導が、健康に支障がないかどうか医師による判断が必要となります。

休会と退会については、事前の申請が必要となり、休会費用や解約手数料が発生する場合もあるため、入会前に確認しておくと安心です。

法人契約はできる?会社の福利厚生のひとつとして使いたい。

サブスクによっては、法人契約が可能なところもあります。法人価格でさらにお得に利用できるうえ、会社の福利厚生の拡充にも役立ちます。

全国展開しているスポーツジムであれば、全国で利用できるのが強みです。また、契約したスポーツジムがない地域でも、提携するスポーツ施設がある場合もあります。ただし申し込み後に審査が必要な場合もあるので注意が必要です。

それではあなたにピッタリのスポーツジムサブスクでハッピーなサブスクライフを!