コミュニケーションロボットのサブスク一覧

aibo 1,628円~
/月額
-
0件 × × 36ヶ月 × × 温もりを感じる、思わず触れたくなる犬型のフォルムで、生命感ある動きと愛らしいしぐさが魅力。アイボーンやサイコロなどのおもちゃでも遊べます。 (約)180×293×305 mm(突起部を除く) (約)2.2 kg (約)2時間
ロボホン 1,078円~
/月額
-
0件 × × 36ヶ月 生活サポートのほか、モバイル通信サービス対応のため電話もできます。連れて歩けるコミュニケーションロボットです。 (約)198mm (約)395g 1日以上
Pepper for Home 27,600円~
/月額
-
0件 × × 36ヶ月 人型のコミュニケーションロボットで、ダンスや二足歩行が可能です。 1210×480×425mm 29kg (最長)12時間以上
sota 4,400円~
/月額
-
0件 × 14日間 × × デスクトップサイズの親しみやすいキャラクターデザインで、商品案内やプレゼンなどビジネスシーンでの利用も可能です。 280×140×160mm (約)800g - ×
OriHime 10,780円~
/月額
-
0件 × 12ヶ月 × × × × 仕事や入院、子育てなど距離や身体的問題があっても、行きたいところに分身として行けるロボットで、感情表現が豊富です。 230×(約)170(腕を畳んだ状態)×(約)110mm 660g - ×
palro 19,800円~
/月額
-
0件 × 2ヶ月 × 会話ロボットとして高齢者の話し相手をする人型ロボット。介護シーンなどのビジネス用をはじめ、アカデミック、コンシューマーと3つのシリーズ展開があります。 400mm×110mm×(約)120mm (約)1.8kg (最大約)1.5時間 ×
LOVOT 14,278円~
/月額
-
0件 × 12ヶ月 × × × × いじわるすると嫌がるそぶりをするなど、生き物のような表情としぐさを見せてくれるラボット。ファミリーはもちろん、カップルやご夫婦にもぴったりです。 430 × 280 × 260 mm (約)3.9 kg (約)3時間
Romi 1,078円~
/月額
-
0件 × × - × × 100種類以上の豊かな表情でおしゃべりしてくれるのがRomi。子供からお年寄りまで、前世代の生活を見守り支えてくれます。 960mm (約)320g (約)60分 ×
TAPIA POCKET 6,028円~
/月額
-
0件 10日間 × × タピアは大きな目と卵型が特徴的なコミュニケーションロボットです。高齢者向けに開発されており、見守られる人、見守る人それぞれの安心をサポートしてくれます。 245×210mm 2.5kg(バッテリー含む) - ×

おすすめ!コミュニケーションロボットサブスクの比較ガイド!2021年最新版

コミュニケーションロボットとは、会話をしたり、しぐさで気持ちを伝えたりと、人とコミュニケーションをとる家庭用ロボットのことです。動物の形をしたものから、ぬいぐるみのような見た目のものまで、家電メーカーやオモチャメーカーからさまざまな製品が販売されています。

このページでは、定額でコミュニケーションロボットを利用できる人気サブスクの特徴を比較し、あなたに合ったものを選ぶサポートをします。

コミュニケーションロボットってなに?聞いたことはあるけれど詳しく教えて

コミュニケーションロボットには企業が人材不足を解消するために使用するものと、会話やしぐさで人とやり取りする家庭用ロボットの2種類があります。

メーカーごとにターゲット層や搭載されている機能に特徴があり、留守の多いご家庭の見守りから、高齢者の話し相手としてのロボットまで幅広いシーンで活用されています。

コミュニケーションロボットの目的に合わせた選び方とは?

コミュニケーションロボットには、ダンスをしたり自分で移動したりする「二足歩行タイプ」、会話を楽しめる「音声認識タイプ」、癒しにもなる「ぬいぐるみタイプ」があります。

コミュニケーションロボットを高齢者の介護に活用する場合には、見守り機能があるかどうかなど、利用する人に配慮がされた製品であるかも選ぶ際のポイントです。

コミュニケーションロボットにはどんな機能があるの?

離れて暮らす家族や外出先から家庭内の様子を見守る機能をはじめ、目覚まし機能、タイマー、英会話機能などメーカーごとに趣向を凝らした機能があります。

家庭用として利用するほかに、会話が得意なおしゃべりロボットであれば高齢者の話し相手として、さらにビジネスシーンで利用可能な商品紹介や翻訳の機能がついているものもあります。

コミュニケーションロボットのサイズってどれくらい?けっこう重たい?

コミュニケーションロボットのサイズは「Romi」のような手のひらサイズの320gのものから、高さ1.2m、重さ29kgある人型タイプの「Pepper」まで、サイズはさまざまです。

そのほかにもデスクトップサイズの「Sota」や、抱きしめたくなるサイズ感の「LOVOT」などもあり、利用される用途に合わせたサイズ展開であることがわかります。

コミュニケーションロボットの操作は簡単?子どもや高齢者にも使える?

見守りに特化したロボットであれば、見守られる側はパソコンやスマートフォンが苦手な方でも簡単に操作可能です。

会話や生活サポートなど複雑な機能をそなえたロボットの場合は、アプリをダウンロードしてから使用するものもあり、初期設定の必要があります。公式サイトでの丁寧な解説もあるため安心してはじめられます。

コミュニケーションロボットは常に充電が必要?どこでも使える?

コミュニケーションロボットは電源につなげて充電する必要があります。自走できるロボットなら電池切れになる前に自分から充電を行う場合も。

充電が完了すれば、室内であればどこでも使用が可能です。屋外への設置は、外気の影響などにより故障する可能性が高まるため、ほとんどのコミュニケーションロボットは室内での使用を推奨しています。

レンタル可能なサブスクのコミュニケーションロボットは新品?レンタル期間は?

新品をレンタルしてくれるサブスクもあります。レンタル期間は、10日から24ヶ月、3年までとサブスクにより異なります。

イベントで短期だけ使用したい方や、家庭用として試してみたい方、ビジネス用として長期で利用したい方など、用途に合わせて期間を選びましょう。最低契約期間が設けられていないかもチェックしたいところですね。

コミュニケーションロボットを使いたいけど、インターネット環境は必要?

コミュニケーションロボットのなかには、アプリでの操作が必要なものが多く、またソフトウェアのバージョンアップなどを行うロボットもあるため、製品によってはインターネット環境が必要になってきます。

インターネット環境やWi-Fi環境があることで、よりスムーズに利用できる場合もあるため、ロボットを選ぶ際に確認すると安心です。

コミュニケーションロボットは日本語以外も話せるの?英語教育にも活用できる?

コミュニケーションロボットによっては、英語のほか、中国語、韓国語などを発話できるものもあります。家庭用であれば、外国語話者の方や英語教育に活用したい方にも検討いただけるでしょう。

企業で使用する場合は、専用アプリで英語や中国語を発話するほか、アプリケーション開発で他の言語の発話も可能です。

コミュニケーションロボットが故障してしまった!修理代はかかる?

破損や水漏れ、盗難、紛失などのトラブルをカバーするプランが含まれているものが多く、保険で適応される範囲であれば修理代はかかりません。

保証をつけるかつけないか選べる場合でも、修理費用を全額自己負担するなど高額となってしまうこともあるため、保証をつけることをおすすめします。

レンタルとして利用して気に入った場合、最終的に購入できるのか?

サブスクによって契約期間のみのレンタルで返却が必要なものと、はじめから本体価格を含んだ定額支払いのものがあり、後者であればそのまま利用し続けられます。

コミュニケーションロボットはクラウドシステムを利用したりアップデートしたりすることで成長しているため、システム利用料は利用し続ける限り必要になります。

解約したい場合はどうすればいい?契約の途中で解約もできる?

サブスクを解約する場合は、各メーカーのサポートセンターなどへ相談する必要があります。契約の途中で解約する場合、当初の契約期間分の支払いが発生する場合もあるため、あらかじめチェックしておくと安心です。

また、解約すると同時に保存したデータが削除される場合が多いため、事前にデータの移行を行うとよいでしょう。

それではあなたにピッタリのコミュニケーションロボットサブスクでハッピーなサブスクライフを!