// GoogleOptimize 2022年版!観葉植物がレンタルできるサブスク(月額・定額)を比較するならサブヒカ

2022年版!観葉植物が定額でレンタルできるサブスクを17項目で比較してみた

リンク
公式HP 詳しく 900円
/月額
  • デザインと質にこだわった提案
1カ月 なし × 無料 100種類以上 おまかせ・自由(プランによる) 搬入、設置、交換、水やり、病害虫対策など 3カ月・6カ月(交換) 無料で早急に対応 東京・神奈川・千葉・埼玉を中心としたエリア 前月25日までに要連絡
公式HP 詳しく 500円
/月額
  • 金額非公開、サブスクで紹介していいものか
あり × 可能 10000種類以上 おまかせ 葉や鉢の清掃、剪定、水やり、交換など 全国対応
公式HP 詳しく 30,000円
/月額
  • 金額非公開、サブスクで紹介していいものか
2週間 × 可能 プラン内容によってスタッフがセレクト 状態チェック、枯葉やホコリの除去、水やり、剪定、防虫対策など 無償で対応 当日、遅くとも2日後までに対応 福岡県、佐賀県の一部
公式HP 詳しく 770円
/月額
  • 創業50年の株式会社 花門フラワーゲート
× 無料 300種類以上 プラン内容によってスタッフがセレクト 清掃、剪定、病害虫対策、植替え、水やりなど 月2回 無料で交換 全国(東京・横浜・大阪・神戸他)
公式HP 詳しく 2,750円
/月額
  • 選べる植物は100種類以上、メンテナンスまで
× 無料 100種類以上 プロが最適な観葉植物を提案 水やり、枯葉処理、病害虫対策、剪定、清掃など 無料で早急に対応 東京都、神奈川県、千葉県など関東エリア中心
リンク

おすすめ観葉植物サブスクの比較ガイド!2022年最新版

部屋やオフィスにグリーンが欲しいけれど、初心者にはお手入れが難しそう、センスが問われそうなどの理由で躊躇している人におすすめの、観葉植物を定額でレンタルできるサブスク。

ここでは、観葉植物のレンタルサブスクの特徴を比較し、あなたに合ったピッタリのサービスを選ぶお手伝いをします。観葉植物を置きたいと考え中の方はぜひ参考にしてみてくださいね。

観葉植物のサブスクとは?

GOOD GREEN
月額900円
観葉植物のレンタルサブスク

個人から法人まで様々な人におすすめ

レンタルグリーン
月額500円
オフィスにおく観葉植物のレンタル

50年以上緑を扱ってきた会社なのでノウハウはばっちり

観葉植物レンタル
月額30,000円
高品質な観葉植物のレンタル!

最適なプランをプロが提案します

オフィスや個人宅など緑を取り入れたい空間に、定額で観葉植物がレンタルできるサービスのこと。観葉植物は、空間の雰囲気を良くするだけでなく、空気清浄やリラックス効果も期待できると言われています。

自分で購入すると、高額、メンテナンスが大変、処分に困るなどのデメリットが発生します。サブスクを利用すれば、メンテナンスの心配がなく、月額のローコストで季節ごとの植物を楽しむことも可能です。

個人宅でもレンタルできる?

GOOD GREEN
月額900円
個人から法人まで

用途に合わせた3つのプランが用意されています

観葉植物レンタル
月額30,000円
個人宅から飲食店、商業施設などに対応

グリーン化を設計、配置してくれるサービス

観葉植物レンタルサービス
月額2,750円
オフィスから個人宅まで対応

プロのスタッフが定期的にメンテナンス

観葉植物のサブスクは、オフィスやショップ、病院など、事業所に納品するケースが多いですが、もちろん個人宅へのレンタルも多くのサブスクが提供しています。約30㎝の小鉢をメインにしたプランを用意しているサブスクもあるので、空間や好みにあわせて植物を選ぶことができます。

観葉植物には癒しの効果があると言われているので、ほっとする時間を過ごしたい空間にピッタリのアイテムです。

大きさや種類、どんなものがレンタルできる?

レンタルグリーン
月額500円
植物数は10000種類以上

国内外のルートから得たバラエティ豊富な植物を用意

hitotoki
月額770円
植物数は300種類以上

安らぎをテーマに多彩なプランターや観葉植物を用意

GOOD GREEN
月額900円
植物数は100種類以上

レンタル期間・最低利用金額なしで初心者も利用しやすい

ゴムの木やモンステラなど人気の定番植物から日本のどこにもない希少な植物、フェイクグリーンなど、サブスクによって取り扱っている植物の種類や数は異なります。

レンタルできる植物は契約プランによって異なるため、もしレンタルしたい植物があるなら、事前にチェックしておきましょう。

それではあなたにピッタリの観葉植物サブスクでハッピーなサブスクライフを!