エンタメのオンラインサロンのサブスク一覧

西野亮廣エンタメ研究所 980円
/月額
5.0
1件 × × 無し × × Facebook Salon.jp エンタメの未来プロジェクト・参加型コミュニケーション 約6万人 西野亮廣
PROGRESS 980円
/月額
-
0件 × × 無し × × Facebook 個人運営 エンタメ養成・閲覧型のオンラインサロン 約5,500人 中田敦彦
箕輪編集室 5,940円
/月額
-
0件 初月無料(キャンペーン) × 無し × × × Facebook CAMPFIRE マーケティング・プロデュース・参加型コミュニケーション 約1,000人 箕輪厚介

おすすめ!エンタメサブスクの比較ガイド!2021年最新版

近年話題の「オンラインサロン」。新型コロナウイルスの影響で対面して集まる機会が減り、オンライン上での対話や活動などが活発になっています。現在では多くの実業家やタレントがオンラインサロンを主催しており、ファン同士コミュニケーションを取ることも可能です。

このページでは、エンタメ系オンラインサロンを定額で楽しめるサブスクの特徴を比較し、あなたに合ったものを選ぶお手伝いをします。

そもそもオンラインサロンって何?どういうサービス?

オンラインサロンは簡単に言うと、WebサービスやSNSなどを使用した「会員制コミュニティ」のことです。およそ10年前に登場し、現在では多くの実業家や芸能人たちがサロンを主催しています。

多くのサロンでは主催者や他の会員とオンラインを通してコミュニケーションが取れ、実際に複数人で対面して集まるのが難しい昨今、密かなブームを見せているサービスです。

芸能人も主催しているって、ファンクラブと何が違うの?

オンラインサロンもファンクラブも、利用料金を支払った人しか見られないコンテツといった点では一緒です。一番の違いは、主催者や会員同士とのコミュニケーションの頻度。主催者の企画に会員同士で参加したり、主催者による講座やセミナーに受講できたりするオンラインサロンも多数あります。

ファンクラブは一人でコンテンツを楽しむことが多いですが、オンラインサロンはより体験的に会員同士でコンテンツを楽しむことができるのが特徴です。

料金はどのくらいかかる?無料でも参加できるの?

エンタメ系オンラインサロンの料金は、月額1,000円以下のものから10,000円以上のものまでさまざまで、相場としては月額1,000円~5,000円程のサロンが多い印象。プランの種類が複数用意されているサロンもあり、基本的に有料ですが、中には無料のものもいくつかあります。

ただし、主催者の知名度が低いほか、エンタメ系では無料のものは少ないです。

エンタメ系オンラインサロンへ参加するメリットは?

エンタメ系サロンへ参加するメリットは、主催者である著名人やその道のプロたちとテレビやブログなどよりももっと近い距離で関わり、交流できること。スマホ一つで参加が可能なので、家にいるときだけでなく外出中でもエンタメについて情報収集でき、知識を深めたりスキルアップしたりすることができます。

同じ趣味の仲間が作れ、人脈が広がるほか、利用料金に応じて特典が配布されることもあります。

オンラインサロンに興味があるけど、どうやって選べばいいの?

まずはサロンの詳細を確認し、自分の好きなものや、学びたいことが特典にあるかどうかで選ぶのがおすすめです。比較しても絞りきれなかったら、好きな著名人や憧れのタレントが主催しているサロンを選択するのもあり。

気になるサロンがいくつか場合は、利用料金が支払い可能な範囲であれば複数に加入するのもいいでしょう。

エンタメ系のサブスクはAmazonプライムビデオやNetflixと何が違うの?

エンタメを主に取り扱っているオンラインサロンのサブスクであって、AmazonプライムビデオやNetflixのような動画配信サブスクではありません。たとえば「西野亮廣エンタメ研究所」では、西野亮廣さんが考えるエンタメの未来や、制作中のプロジェクトの一部を会員と共有したりします。

ときにはクリエイターとしてエンタメの制作に参加するなど体験型のコンテンツもありますが、動画配信や音楽配信とは異なりますのでお気をつけ下さい。

エンタメ系サロンはオンライン上でしか活動しないの?

基本的にはオンライン上のコンテンツが多いですが、中にはオフ会やミーティング、勉強会など、実際に主催者と会員が集まるようなイベントを行うオンラインサロンも多数あります。

一部のサロンでは映画へのエキストラ参加や撮影裏の見学など、実際のエンタメが制作されている現場に足を運ぶなどの特典も用意されています。

ネット上の活動は顔が見えなくて不安…。注意点は?

オンラインサロンの利用に対して不安がある場合は、まずは知名度の高いサロンに参加してみましょう。「西野亮廣エンタメ研究所」や「PROGRESS」などは著名人が主催者なので会員数も多く、月額料金も低めの設定なので、オンラインサロンの雰囲気を知るのにおすすめです。

注意点としては、入会の際に規則をしっかりと確認すること。また、顔が見えないからこそしっかりとマナーを守ることでトラブルを回避でき、安心して利用することができるでしょう。

飽きたらすぐ退会できる?手続きは難しい?

多くのオンラインサロンは月額制なので、ひと月ごとに継続するかどうか決めることができ、飽きたらその月で退会することが可能です。方法はそれぞれのサロンにある利用規約や、FAQにある手順に従いましょう。

ただし退会申請のタイミングによっては翌月処理になることがあるので注意が必要です。

オンラインサロンの活用法が知りたい!

せっかくお金を払って参加するなら、ただ所属するだけでなくしっかりと活用したいですよね。そのためにはオンラインサロンに入った目的を明確にしましょう。目的が明確になったら他の会員と積極的にコミュニケーションをとるのがおすすめです。人脈を広げることで自身の知識が深まり、ビジネスや就職に活かせる企画に携われるかもしれません。

エンタメ系のオンラインサロンは、エンタメ業界で新卒採用を希望する就活生の情報収集や業界研究にもぴったりです。リアルイベントが開催されるときにはぜひ積極的に参加してみましょう。

それではあなたにピッタリのエンタメサブスクでハッピーなサブスクライフを!